買いたい(借りたい)かた

買いたい(借りたい)かた

全国の物件が閲覧可能

物件の閲覧・問い合わせはどなたでも無料で行なっていただけます。日本全国、リゾートや田舎暮らし等の居住用はもちろん、事業用物件も広いエリアから探すことができます。

興味のある物件が見つかったら、問い合わせやメッセージをダイレクトに、掲載主(売主・貸主)に送ってください。

物件概要ページには、専用のお問い合わせフォームが設置されており、相手方に対してEメールを何回でも無料で送信できます。

安全な取引のために

e-物件情報は、売主(貸主)と直接取引が可能です。しかし、あなたが不動産取引の知識を充分にお持ちでないのなら、専門家に助けを求めるのが懸命です。

その場合は、『全国不動産取引エージェント協会』のエージェント(代理人)に、あなたが納得した金額でさまざまな業務を必要に応じて依頼することができます。

エージェント(代理人)は、物件調査や現地案内など、あなたが必要とする情報やサービスの提供が可能です。また、あなたに代わって売主(貸主)と交渉し、取引が無事に行なわれるためのサポートも可能です。

全国不動産取引エージェント協会
  • エージェント(代理人)の概要は、各物件概要、またはこちらで検索可能です。
  • エージェントに直接Eメール等でご相談ください。「e-物件情報を見て、No.****の物件」と伝えていただくと良いでしょう。
  • 相談されることでお客さまが助けを必要とされる部分が明確になります。費用は各エージェントにより異なります。それぞれに見積の提示を求めることができます。
  • 複数のエージェントを比較検討したうえで1社に依頼できるため、競争原理により費用が通常の仲介手数料よりも安価となることが期待できます。

物件見学のポイント

条件の良い物件は早く成約します。興味のある物件は早めに問い合わせ、物件を実際に見に行くことが肝心です。

エージェント(代理人)が立ち会わずに物件を見学される場合には、なるべく身分証明書を持参して必要に応じ提示するようにしましょう。

売中古住宅の場合は居住中の場合が多いので、どうしても遠慮しがちですが、事前にチェックするポイントをメモに控えるなどして見落とすことのない様にしましょう。収納部分は断ってから開けるようにするのがマナーです。

見学の結果、物件が気に入った場合は、購入に向けて検討する旨を伝えましょう。あるいは気に入らないことも当然あるでしょう。その場合はあまり日をあけずに、内見のお礼とともに、きちんとお断りしてください。

契約へ

諸条件交渉を経て、合意が得られれば契約締結となります。

  • 各物件の権利・法規・数値などの表示については、掲載依頼者からの情報に基くものです。
  • 実際の取引に関しては充分調査・確認をしたうえで当事者の自己責任において行なってください。
  • 不動産取引は、難解な専門知識を要するものであるため、エージェント(代理人)が入っての取引を原則としてお勧めいたします。

__